業務内容
>業務内容

三秀電子では、使い勝手の良い製品作りに力を注いでいます。
ストレスを感じさせない操作性を確保するため、 理論計算による処理時間の確認を行います。マイクロコンピュータの処理時間はおおよそ見当がつきます。 実際の動きをオシロスコープにて確認しその処理時間が妥当であるか否かの確認を行います。
処理内容に適切なCPUの選定、ソフトウエア言語の選定、プログラムの構成と流れに注意を払います。
PCの複数のCPUコア上でそれぞれプログラムを実行し、一個のCPUコア上で並列演算可能な SIMD命令を使用して、高速にプログラムを実行することが可能です。 >画像処理・処理速度の比較を参照して下さい。


記載項目
・PCシステム
・画像処理システム

画像処理システム、PCを使用したシステムに関して概要を記載しています。詳細は上記の各装置を参照して下さい。
システムの構成としては、PCに拡張ボード及び拡張BOXを接続する場合、LAN、RS-485等で通信を行い組込コンピュータボードと 接続する場合などがあります。

変動濃度計測シ・・装置
変動濃度計測システム装置
油圧トルクテスタ
バルブテスタブロック
PC監視モニター
LAN計測データ収集モニター
OS Windows
統合開発環境 VisualStudio、言語はC、C++、C#、VB、アセンブラ
ライブラリ Win32API、MFC、STL、DirectX11、DirectX9

OS RED HAWK Linux
ライブラリ MPLIB(Mult Process Lib)

IO拡張ボード フォトIO、A/D、D/A、モータ制御、エンコーダカウンタ、RS-422、RS-485、メモリリンク、その他

ネットワーク通信 LAN、USB、RS-232C、RS-485、MODBUS

ソフトウエア 高速化演算(CPU割り当て、SIMDアセンブラ、CUDA)
GUI、印刷
画像(Bmp、Jpg、Png、Tiff、Gif)
デジタルフィルタ、PID自動制御
共有メモリ
ベクトル演算、内積(鈍角、鋭角)、外積(高さ、方向判別)、座標系変換、
回転行列、直線の交点
行列演算、連立方程式、複素数演算
最小二乗近似(1次、2次、・・・6次)、主軸角演算
複素FFT変換、複素FFT逆変換
ドップラーシフト演算
トレンドグラフ、ヒストグラム


Matrox社の画像処理ボードを使用した画像処理システムです。PCI、PCIe(x16)を使用したインタフェースで MeteorII、Orion、Motphisなどを使用してきました。Mil、Mil-Liteライブラリー等を使用します。 WindowsXpの時代から10年以上の実績があり、 言語はC、アセンブラを使用しています。 最新の画像処理ボードは、NTSC、SD/HDのSDIの画像入力が可能です。

720P : 1280*720*59.94  16:9 プログレッシブ WXGA
1080i: 1920*1080*29.97 16:9 インタレース
1080P: 1920*1080*59.94 16:9 プログレッシブ

画像処理システム


照明むら補正
濃度変換
疑似カラー
空間フィルタ
粒子解析

追跡

グレイ処理
外部要因で照明の方向による対象物の明るさのバラつきを補正します。
映像の明るさが暗い場合、映像の輝度分布を変換して、見やすくします。
対象物の温度などを、温度に応じて設定した色にて表示します。
映像のノイズを除去し、鮮明化処理を行います。
対象物の面積、輝度、大きさ、重心、主軸角、アスペクト比、複雑度などを計測します。
映像上でロックオンした対象物の移動に合わせて、カメラを設置した雲台を制御し、対象物を画面の中央に表示します。
対象物の明るさの情報をもとに、対象物を検出します。


粒子抽出
画像処理ソフト
粒子特徴量
DirectX9.0を使用しロードした画像をpitch*heightの 1次元メモリに取得し、 弊社作成の粒子解析ライブラリを使用して粒子の検出を行いました。
照明むら補正、濃度変換、 空間フィルタ後、輝度の変化量に注目したグレイ処理を行い、 粒子の一部が母地輝度と同じ場合の粒子を検出しました。
粒子解析ライブラリは粒子の主軸角に平行な粒子に外接する四角領域の座標、粒子間距離、重心、面積、 平均輝度、 輪郭平均輝度、輪郭追跡、周囲長、膨張、縮退、複雑度、占有率など一般的な処理を 粒子毎に算出できます。粒子解析 寸法計測例
SIMD命令(SSE)を使用して画像転送、粒子のカラー表示等、高速化を図りました。 画像処理・処理速度の比較
カラーRGB単色
抽出処理
カラーRGB単色抽出処理
RGB変換ソフトを作成しました。DirectX11を使用して、ロードしたカラー画像を pitch*heightの RGBA1次元メモリに取得し、それぞれのカラーをプレーンメモリへ展開し 保存しました。
特徴としては数千枚の画像ファイルを 一気に変換可能なことです。 RGB変換、画像転送等、CPUコア毎の並列演算処理、SIMD命令(SSE)を使用して高速化を図りました。 画像処理・処理速度の比較
遠隔監視カメラ
画像処理ソフト
追跡ブロック図
リアルタイムで背景のあるカラー画像の中から対象物を追跡するソフトを作成しました。 追跡処理
画像処理ライブラリの各関数の処理時間を計測し、最適な処理を見つけ、リアルタイムで30mS以内に 処理を完了することに苦労しました。
二値化処理、特殊な空間フィルタ、 特殊なノイズフィルタ等、MMX命令を使用して高速化を図りました。
石炭ガス化炉
スラグ流動
画像監視ソフト
リアルタイムで画像を 監視しながら、輝度の変動を監視し、スラグ流動の本数を計数します。 画像処理基本ソフト
各パラメータのトレンドグラフを表示します。
分光器を使用した二色温度変換プログラムを組み込みました。
報告書自動作成ソフト プログラム上のボタンをクリックするとWord、又はExcel を起動し、報告書内の指定した場所へ、
  選択した項目 、計算結果、一部分の領域を切り出した画像
を挿入します。
画像変換表示ソフト BMP、JPG、PNG、TIFF、GIF、DDS等の画像ファイルを読み込み、照明むら補正、濃度変換、空間フィルタ、 粒子解析等自動演算を行い、その結果をファイルへ保存、画像表示、疑似カラー表示、BMP、JPG、PNG、TIFF、GIF、 DDS等の画像ファイルへ変換して保存することが可能です。




     Top項目へのアクセス